ベンツの高価買取は、こうやって掴み取れ!

ベンツの高価買取は、【一括無料査定サービス】を利用しましょう!

今乗っているベンツを、
出来るだけ高く買取ってもらえる方法はないか!

誰もがそう思います。

 

でも最終的には、

 

ディーラーで下取りしてもらえばいいかぁー、
あそこの買取業者に買取ってもらおう。

 

と、なってしまいませんか?非常にもったいない話です!!

 

何故なら、もっと高価で買取ってもらう方法があるから。
その時のポイントは、複数の業者から買取の見積もりをもらうこと!

 

 

実は、良い方法があるんです!

 

【一括無料査定サービス】を利用するという方法!

 

簡単に言ってしまえば、このサービスは、

  1. 下記の【一括無料査定サービス】フォームにアクセスして、
  2. あなたのベンツの年式や、個人情報等の項目を幾つか入力するだけ。
  3. すると、自動的に、あっという間に複数の買取業者から、大まかな買取価格が入手できる、
  4. つまり、一番高額の買取価格があっという間に入手出来る。

という訳。しかも、このサービスの利用は、無料!

 

 

 

もはや、ベンツの買取も、複数業者から簡単に見積もりがもらえる時代!

 

そんなサービスを提供しているのが、この【一括無料査定サービス】というわけです!

 

この【一括無料査定サービス】を利用すると・・・

【一括無料査定サービス】には、次のようなメリットがあります。

 

  • 複数業者から概算の買取価格を知ることができるので、

    当然、その買取価格の間には、価格差が出てきます。
    場合によっては、数万円から数10万円の開きが出てくることも!

  •  

  • 従来の、あの煩わしい「中古車販売店回り」は、もう不要。

    上記のように、あっと言う間に簡単に、あなたのベンツの買取価格が入手出来てしまうから。

  •  

  • 最終的には、このサービスで入手した一番高額の買取価格と、ディーラーの下取り価格を比較すればいいのです。

    場合によっては、数万円から、場合によっては数10万円もお得になるケースも!

 

もう、この【一括無料査定サービス】を利用しない手はないですね。


複数の【一括無料査定サービス】を利用すると、もっと高価買取の可能性が高まります!

【一括無料査定サービス】を提供している各会社は、それぞれ100社以上の買取業者等と提携をしています。

 

業者の業態は色々あります。
TVのコマーショルに出てくるような大手の買取専門店もあれば、お住まいの地域によっては、地元に根付いた買取専門店、ほかにも中古車販売会社、外車を専門に扱う販売店等、色々な業態があります。

 

輸入車も含めると、車の種類は数千種類もあると言われますから、業者によっては、得意・不得意な車種もあります。

 

また、車の買取相場は季節によって変動しますし、タイミングによっては、高価で買取ってくれるところもあります。例えば中古車販売店では、来店したお客様があなたの愛車と同じものを欲しがっていたとすると、当然、高価で買取ってくれる可能性が高まります。

 

ですから、あなたの愛車の買取額の見積もりは、出来るだけたくさんの業者からもらった方が良いという事になります。

 

そう考えると、【一括無料査定サービス】も複数利用した方がおススメですし、ベンツのような輸入車の場合、お住まいの地域によっては、見積もり数が少なくなってしまうこともありますので、なおさら複数のサービスを利用した方がよいことになります。

 

このような場合でも、利用料は無料です!

おススメのベンツ買取【一括無料査定サイト】はこちら!

下記のフォームが、株式会社ウェブクルーが提供している、実際の一括無料査定の登録フォームです。

  • 株式会社ウェブクルーは、東証マザーズの上場企業。入力された個人情報は、厳重に管理されますので、安心してご利用ください。
  • 株式会社ウェブクルーでは、すでに150社以上の中古車販売店並びに買取業者と提携をしています。その150社の中から、ご自身のベンツの買取が可能な業者や、ご自身の住所に近い所にある業者から連絡がもらえます。
  • 最大10社から買取価格の情報がもらえます。

 

入力項目は、ご覧のとおり10個
年式(ご不明な場合は、車検証をご覧ください)や走行距離(ご不明な場合は、お乗りの車のメーターをご覧ください)は、あらかじめ調べておく必要がありますが、9つの項目を入力して、「一括査定スタート」ボタンをクリックするだけで、あっという間に、複数の買取業者から概算の買取価格がもらえます。

 

では、入力スタートです!

 

ご注意:
入力いただいた情報は、全て株式会社ウェブクルーで管理されます。当サイトでお客様の情報を管理することは、一切ございません。
個人情報の管理につきましては、上記に記載されています「「ズバット 車買取比較」の利用規約」を必ずお読みください。

 

 

 

 

下記フォームは、株式会社エイチームが運営するサイトになります。

 

  • 株式会社エイチームは、東証第一部上場の優良・安心企業。
  • 実際にあなたの車の査定を行う車買取査定会社は、JADRI(日本自動車流通研究会)加盟の優良企業ばかりだから安心です!
  • 最大10社に対して、無料で一括見積もり依頼が可能。
  • 32秒の簡単入力。そしてあっという間に概算買取額の最高値が分かってしまいます。

 

 

 

ご注意:
入力いただいた情報は、全て株式会社エイチームで管理されます。当サイトでお客様の情報を管理することは、一切ございません。
個人情報の管理につきましては、上記に記載されています「ご利用規約」を必ずお読みください。

 

下記フォームは、カーセンサー等でお馴染みの、あのリクルートが運営するサイトになります。

 

  • 最大30社に対して、無料で一括見積もり依頼が可能。
  • お住まいの郵便番号を入力して、「簡単ネット車査定」のボタンをクリックしてください。リクルートの査定ページへジャンプします。

 

 

そのあとの流れ

いくつかの業者から概算の買取価格はもらった。さて、この後、どうすれば?

 

高価買取の【一括無料査定サービス】の重要なところは、複数の業者から、概算のベンツ買取価格が入手可能なこと。
複数の業者からもらった概算価格に、幅はありませんか?金額の安い業者、高価で買取ってくれそうな業者など・・・

 

あなたのベンツを高く買取ってもらうことが、この【一括無料査定サービス】のポイントです。

 

このあとは、

  1. 買取価格の高かった業者をいくつか選び、実際にベンツを査定してもらう。査定日の日程を各業者と決めます。

    (出張査定が無料かどうかも、確認しておきます。)

  2. 査定を行ってもらう。
  3. 買取額の一番高かった業者を選定し、契約します。
  4. 今までお世話になったベンツを売却します。

という流れになります。

 

あなたのベンツをもっと高く買取ってもらうには?査定日までにやっておくこと!

査定日の日程は、決まりましたか?

 

査定日当日に、あなたのベンツをアピールすることも大変重要です。これが査定のプラスポイントになることも。

 

査定日当日含めて、当日までにやっておくことをまとめてみました。

 

 

1.買取ってもらう予定のベンツを綺麗にしておく。

査定日当日までには、あなたのベンツを綺麗に掃除・洗車をしておきましょう。
洗車をして、ボディについたよごれやほこりは綺麗に!可能であれば、ワックスがけやコーティングを行い、細かいキズなどを目立たなくしておくといでしょう。
あなたがベンツを大切に扱っているという気持ちが買取業者に伝われば、その分買取価格がプラスになることもあります。

 

出来るだけ高額で買取ってもらおうと思って、査定日の直前にキズやヘコミを修理に出しても、あまり意味がありません。修理費分がそのまま査定に反映されることは期待できませんし、無駄な出費になります。

 

もちろん、室内やトランクルームの掃除も忘れずに!
ダッシュボード等についた手垢や汚れは綺麗に拭き取っておきます。床の掃除も忘れずに!

 

一番の問題は、車内の臭い
タバコやペット等の臭いは、買取価格にマイナスとなってしまいます。消臭剤等で消臭できればよいのですが、最悪、マイナス査定になることがあります。

 

 

2.自分のベンツをアピールする

査定当日は、ご自身のベンツをアピールすることを忘れずに!

 

見た目でわかるオプション装備は、買取業者にもわかりますが、意外と見逃しがちなのが、エンジン回りの装備や内装。
プラスになると思われるポイントがあれば、買取業者にアピールすることも忘れずに!

 

平均して走行距離が少ない、定期点検はこまめにやっていた(そのことを証明する点検表等の提示が必要です)なども、しっかりアピールすることも忘れずに!

 

 

メルセデス・ベンツについて

メルセデス・ベンツといえば、日本では、ドイツの高級車の代名詞。

 

このメルセデス・ベンツという名称は、正確には、2007年以降、ダイムラー社が所有する乗用車、バス、トラックのブランド名なのですが、ヨーロッパでは、「メルセデス」と呼ばれているのに対し、日本では単に「ベンツ」の方が馴染みが深いようです。

 

日本では、以前輸入元であったヤナセの、高価格帯の車種を中心に輸入するというブランド戦略によって、上記の通り高級車の代名詞とも言えるイメージが定着していますが、欧米では、バス、タクシー、トラック、ダンプカーなどの実用車・商用車、そして大衆車から高級車まで幅広く生産する自動車総合メーカーとして認知されています。

 

ダイムラー社の歴史は古く、ドイツの技術者カール・ベンツによって1883年に設立された、世界で最も古い自動車メーカーの一つ。
ベンツ&シー(Benz & Cie)とDaimler Motoren Gesellschaft, DMGが1926年に合併し、社名はダイムラー・ベンツとなり、ブランド名を「メルセデス・ベンツ」として、自動車だけでなく、戦車・船舶・航空機エンジンなどのメーカーとして発展をとげてきました。

 

1999年に米国クライスラー社との世紀の大合併によって、ダイムラークライスラー社となりましたが、北米部門の業績不振により2007年にクライスラーを売却、ダイムラーに社名を変更しています。

 

 

メルセデス・ベンツには、一貫して「安全性」「耐久性」「運動性能」という、車に最も必要な基本性能を大切にする設計思想が貫かれており、逆に過剰すぎるほどの品質、と言われる位定評がありました。

 

しかし1990年代中盤以降、コストダウンを進め過ぎたことにより、一時期、乗り味や質感など品質が低下してしまった時期が存在しました。
これによって、1990年代後半には、中古車価格の方が新車よりも高騰してしまったという事態が発生しています。

 

そこで2000年以降のモデルに品質の改善を進め、現在では品質低下以前以上の品質の取得に成功しています。

 

 

日本でのベンツ新車販売価格は、約270万円(Aクラス) から5,700万円台(SLRマクラーレン)。
ベンツ全クラスで同じ排気量の日本車の1.5倍以上の価格設定になっています。

 

ベンツ独特のあのエンブレムは、合併前のダイムラー社が使用していたスリーポインテッド・スターとベンツ社の円形月桂冠を併せデザインされたもので、3点にはそれぞれ「陸・海・空」の各分野でダイムラー・ベンツ社の繁栄が込められているそうです。

 

 

メルセデス・ベンツ車種一覧

 

ハッチバック・2BOX
Aクラス - コンパクトハッチバック
Bクラス - Aクラスより一回り大きいハッチバック

 

セダン・サルーン
Cクラス - コンパクトクラスセダン / ステーションワゴン / クーペ
Eクラス - ミドルクラスセダン / クーペ / ステーションワゴン / カブリオレ
Sクラス - ラージクラスセダン

 

クーペ・ガブリオレ
CLクラス - Sクラスベースのスポーツクーペ
CLSクラス -4ドアクーペ
SLクラス - オープンカー / クーペ
SLKクラス - オープンカー / クーペ
SLS AMG

 

SUV・クロスオーバーSUV
Gクラス - SUV
GLクラス - 大型ラグジュアリークロスオーバーSUV
GLKクラス - 小型SUV
Rクラス - ラグジュアリークロスオーバーSUV
Mクラス - 街乗り向け小型SUV

 

ミニバン・1BOX
Vクラス - 大型の7人乗りミニバン。スライドドア

 

この様に、輸入車の中でも人気の高いベンツですが、実は中古車市場でも同じく人気があり、リセールバリューの高い車となっています。
今お持ちのベンツを高額で買取ってもらうチャンスかもしれません。そして新型のベンツに乗り替える。
あるいは、今、ベンツをお持ちでなくても、新型ベンツの魅力に魅せられて購入を検討中。

 

いずれにしても、今お持ちの車を高価で買取ってもらって、次のアクションに備えましょう!

 


 
 
ホーム サイトマップ